読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろさまざま

アニメ、ゲーム等々のプレイ日記

〈サンムーンシーズン2序盤〉BanG Dream!構築

ポケモンサンムーンプレイ日記 ポケモン構築

 

今期アニメの中にBanG Dream!という美少女バンドアニメがあり、さらにバンク解禁もあったのでバンドリマンダを使ってみようかな〜というのがキッカケです。

 

〜PT紹介〜

 

1.バンギラス

性格 図太い  持ち物 さらさら岩 

特性 すなおこし

努力値 252-0-252-0-0-4

実数値 207-x-178-115-120-82

イカサマ/冷凍ビーム/ステルスロック/ほえる

バンドリの砂起動要員、バンギ単体では何もできないので選出するときはいつもドリュウズと一緒。

バシャーモが積みの起点にして来た時にステルスロックからの吠えるがとても役に立った。

脱出ボタンも考えたが、裏が風船ドリュウズなので、少しでも火力補強にステルスロックを撒きたかったためさらさら岩にした。

 

2.ドリュウズ

性格 意地っ張り   持ち物 風船

特性 すなかき

努力値 0-252-4-0-0-252

実数値 185-205-81-x-85-140

地震/アイアンヘッド/岩雪崩/剣舞

このPTの主戦力。火力、速さ、耐久全て微妙なラインなので単体での選出はない。 HPは高いが耐久が無いため、基本死に出し。バンギへの地震読みで交代することも。

バシャーモは最速でなければ2回加速していても抜ける。しかし守るなどで粘られると飛び膝、めざ氷でPTが壊滅するので注意が必要。

剣舞しても微妙な火力のため、過信は禁物。アイヘ、岩雪崩怯みに頼ると負けるケースが多かった。

 

3.メガボーマンダ 

性格 控えめ   持ち物 メガ石

特性 いかく→スカイスキン

努力値 4-0-0-252-0-252

メガ前 171-x-100-178-100-152

メガ後 171-x-150-189-110-172

ハイパーボイス/大文字/流星群/破壊光線

主にメガフシギバナナットレイなどを見るためや、地震の一貫を切るための枠。

スカーフではないガブリアスにもそこそこ強くてられる。龍技があるボーマンダはそこそこ便利だった印象。選出率No. 1

 

 

4.カプ・コケコ

性格 臆病   持ち物 デンキZ

特性 エレキメイカー

努力値 0-0-0-252-4-252

実数値 145-x-105-147-96-200

10万ボルト/ボルトチェンジ/マジカルシャイン/草結び

上から熱湯、けたぐりをしてくる砂の天敵ゲッコウガを上から叩ける&砂の天敵雨パに対しても強いので採用。マッハパンチでバンドリを壊滅に追いやるキノガッサの睡眠対策にも。

ただ、ランドロスと対面すると後ろに引き先がいないので危険。

 

5.メガルカリオ 

性格 臆病   持ち物 メガ石

特性 正義の心→適応力

努力値 0-0-0-252-4-252

メガ前 145-x-90-167-91-156

メガ後 145-x-108-192-91-180

波動弾/ラスターカノン/真空波/悪巧み

バンドリが少し流行っているという噂を耳にしたので、バンドリを壊滅させられる駒として特殊型メガルカリオを投入しました。

しかし、約50戦中2回ほどしかバンドリと当たらなかったので地面に弱くなっただけの枠。悪巧みを積みさえすればクレセドランなども強引に突破することができたのは良かった。

キノガッサを入れようと思ったが、コケコとの相性も考えルカリオに。

 

 

6.スイクン

性格 図太い   持ち物 カゴの実

特性 プレッシャー

努力値 252-0-196-0-0-60

実数値 207-x-176-110-135-113

熱湯/冷凍ビーム/眠る/瞑想

Sは最速50族抜き、ORASでの型をそのまま流用。

正直瞑想カゴが生きる場面がなく、凍風ゴツメとかにした方がいいと思ったが送ってきてしまったものはしょうがないのでそのまま。瞑想が積めればクレセドランにはまあまあ強め。

 

このPTで主にキツイポケモン

ランドロス

威嚇含めさすがの物理耐久、地面、岩の一貫

バシャーモ

安定した突破が困難、2加速以上で全抜きされる

・ミミッキュ

皮が無い状態ならアイアンヘッドで処理可能だが、初手バンギ対面で意地っ張りラブリースターインパクトだと1撃のため、皮が残る。

シャドクロ、影うちで9割ほど削れる

・カプテテフ

スカーフでも砂中ドリュウズなら上から叩けてサイキネ、ムンフォ共に耐えれるが最近格闘Z持ちが増えてきたため危険。

スカーフテテフはドリュウズでしか勝ち目がない 

 f:id:as-to-23:20170202220626j:image

このPTでは1750付近が限界でした。

 

最終的には色々あって

f:id:as-to-23:20170202220732j:image

負けが続きましたが、バンドリはサンムーンでも活躍できるだけの素質はあると思いました。